高さ1キロの怪物ビルに、マット界の英雄が飛び移る、よじのぼる。肉体をフル活用したアクションぎっしりの救出劇が繰り広げられる。

「スカイスクレイパー」の一場面

 舞台は香港に建築された高層ビル「ザ・パール」。セキュリティーシステムの調査を任された元FBIのウィルは家族と世界最大の建物に住みながら仕事に励んでいた。過去の事件で片足を失っても、セカンドキャリアは順調に見えた。その矢先、ビルで火災テロが発生する。

 主人公役は米プロレス界を席巻したドウェイン・ジョンソン。作品では義足というハンディを背負いながら、ビルに取り残された家族のために奮闘。巨大クレーンからビルへ飛び移り、敵と炎と戦いながら最上階を目指す。

 悪を討って家族を救う、と筋立て自体は定番。スリルを生み出すのはビルの見せ方や仕掛け、テンポ。絶望的な状況は肉体で打開する。(学芸部・松田興平)

◇シネマQ、シネマライカム、ミハマ7プレックス、サザンプレックスで上映中