大型で非常に強い台風24号(チャーミー)は、28日午前10時現在、宮古島の南東約350キロの海上にあって、時速10キロで西北西へ進んでいる。沖縄気象台は28日午前10時36分、宮古島地方に暴風警報を発表した。

台風24号(28日10時50分現在、ひまわり8号リアルタイムWebから)

台風24号進路予想図(気象庁HPから)

台風24号(28日10時50分現在、ひまわり8号リアルタイムWebから) 台風24号進路予想図(気象庁HPから)

 台風は今後、沖縄の南の海上をゆっくりした速さで北西へ進んだ後に北東に進路を変え、29日には、非常に強い勢力のまま沖縄本島地方にかなり接近する見込み。沖縄気象台は29日にかけて暴風や高波、大雨、高潮に厳重に警戒するよう呼び掛けている。

 その後、30日には非常に強い勢力を維持したまま西日本にかなり接近・上陸し、10月1日にかけてさらに速度を上げて東日本や北日本にかなり接近・通過するおそれがある。

 中心気圧950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から220キロ以内では風速25メートル以上の暴風、560キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 沖縄本島地方では東の風、大東島地方では南東の風、八重山地方では北の風が強く吹いており、宮古島地方では北東の非常に強い風が吹いている。沖縄本島地方と先島諸島では、次第に風が強まり、先島諸島では28日夕方から、沖縄本島地方では29日未明から暴風となる見込み。なお、沖縄本島地方では、29日は最大風速50メートルの猛烈な風が吹くおそれがある。