沖縄タイムス+プラス ニュース

議長に大城秀樹氏(公明)を選出 名護市議会「少数与党」に

2018年9月28日 12:50

 沖縄県名護市議会9月定例会が28日開会し、議長選は無記名投票の結果、渡具知武豊市長を支持する与党で公明の大城秀樹氏(68)と、同じく与党の比嘉拓也氏(58)が13対13の得票同数となり、くじ引きで大城氏を選出した。大城氏は市山入端出身。6期目。

名護市議会の議長に選出された大城秀樹氏

 今月9日の名護市議選では与党と、辺野古新基地建設に明確に反対している野党がいずれも13人ずつ当選した。議長は議決に加わらないため、議会構成は与党12人に対し野党13人と、改選前と同様に少数与党になり、渡具知氏は厳しい議会運営を迫られる。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS