球児たちの1世紀 夏の甲子園100回

「お互いに遠慮してしまって…」 垣根を越えて、中高の指導者が集う

2018年10月13日 07:13

 小中高の垣根をなくそうと、2016年に本島中部で新たな取り組みが始まった。中部にある中学の軟式、硬式野球チームと高校野球の監督、部長らが一堂に会する「沖中・のぼーる会」。球児の近況報告や指導者間の親睦を目的に、年に1度のペースで定期的に開かれている。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

球児たちの1世紀 夏の甲子園100回のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS