大型で非常に強い台風24号は28日午後2時現在、宮古島の南東約300キロにあり、時速約10キロで西北西へ進んでいる。沖縄本島地方では28日夕方以降に暴風警報が発表される見通し。宮古島地方ではすでに発表された。沖縄本島地方へは29日に最接近、30日まで暴風が続く見込み。28~29日にかけて警報級の大雨が降る見込みで、沖縄気象台は特別警報の発令も視野に入れ、厳重注意を呼び掛けている。

ひまわり8号リアルタイムwebがとらえた28日午後3時現在の台風24号

 28日午後2時現在の中心気圧は950ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。半径220キロ以内が風速25メートル以上の暴風域になっている。

 気象台によると、沖縄本島地方と先島諸島には大雨が予想され、特別警報が発令される可能性もある。29日は、沖縄本島地方で1時間に80ミリの猛烈な雨、先島諸島でも同70ミリの非常に激しい雨が予想されている。

 また、29日正午までの24時間雨量は沖縄本島地方と先島諸島で200ミリ、30日正午までの24時間雨量は沖縄本島地方で300~400ミリを見込んでいる。