大型で非常に強い台風24号は29日午後6時現在、那覇市の南南西約160キロにあって、沖縄本島地方と宮古島地方を暴風域に巻き込みながら、時速約15キロで北に進んでいる。気象庁は30日明け方にかけて暴風に、29日明け方から夜にかけて高潮による浸水や冠水に、30日にかけて高波に厳重に警戒するよう呼び掛けている。

台風24号の進路予想図(気象庁HPから)

台風24号の進路予想図(気象庁HPから)

台風24号の進路予想図(気象庁HPから) 台風24号の進路予想図(気象庁HPから)

 本島地方では午前7時現在、5万戸以上が停電。航空各社や船舶のほか、バスやモノレールが始発から運休、スーパーも臨時休業するなどライフラインに大きな影響が出ている。

 29日午前5時50分、座間味村で最大瞬間風速48.4メートルを観測した。

 台風の中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心の東側280キロ以内と西側220キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。中心の北東側650キロ以内と南西側560キロ以内では
風速15メートル以上の強い風が吹いている。