気象庁によると大型で非常に強い台風24号は29日午前7時現在、那覇市の南南西約150キロにあって、沖縄本島地方と宮古島地方を暴風域に巻き込みながら時速約15キロで北に進んでいる。午後には非常に強い勢力のまま本島地方にかなり接近する見込み。台風は動きが遅く、長い時間影響が続く恐れがあり、沖縄気象台は暴風や高波、大雨、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫などに厳重に警戒するよう呼び掛けている。

29日午前7時50分の台風24号(ひまわり8号リアルタイムwebから)

台風24号の進路予想図(気象庁HPから)

台風24号の進路予想図(気象庁HPから)

29日午前7時50分の台風24号(ひまわり8号リアルタイムwebから) 台風24号の進路予想図(気象庁HPから) 台風24号の進路予想図(気象庁HPから)

 那覇市で29日午前6時55分に50.8メートル、南城市玉城糸数で同6時41分に49.2メートル、座間味村慶良間島で同6時1分に48.9メートルの最大瞬間風速を観測した。本島地方ではこれからさらに風が強まり、29日は最大風速45メートル(南東の風)の猛烈な風が吹く見込みという。

 台風の中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで中心の東側280キロ以内と西側220キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。中心の北東側650キロ以内と南西側560キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 予想される最大風速(最大瞬間風速)は▼29日=本島地方45メートル(65メートル)大東島地方23メートル(35メートル)宮古島地方35メートル(50メートル)八重山地方25メートル(35メートル)▼30日=本島地方30メートル(45メートル)大東島地方23メートル(35メートル)宮古島地方17メートル(30メートル)八重山地方15メートル(25メートル)。

 沖縄地方の沿岸の海域ではうねりを伴い大しけとなっており、本島地方と宮古島地方では猛烈にしけている。猛烈なしけや大しけの状態は30日にかけて続く見込み。海上や海岸付近では、うねりを伴った高波に厳重に警戒を。予想される波の高さは6~13メートル。

 台風の接近に伴い、大気の状態が非常に不安定となり、本島地方では、29日は多い所で1時間に80ミリの猛烈な雨が降り、30日にかけて大雨による災害が発生するおそれがある。先島諸島では、29日は多い所で1時間に30ミリの激しい雨が降る見込み。沖縄本島地方と先島諸島では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒を。30日9時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、本島地方250ミリ、宮古島地方100ミリ。

 沖縄地方では30日にかけて積乱雲が発達し、落雷や竜巻などの激しい突風による被害の起こる恐れがある。屋外活動などには注意。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保を。

 台風の接近に伴い、本島地方と宮古島地方では29日は潮位が高くなる見込み。海岸や河口付近の低地での高潮による浸水や冠水に厳重に警戒を。潮位が堤防を越えなくても、潮位が高い中で高波があると、波が海岸堤防を越えて浸水する恐れもある。高潮や高潮と重なり合った波浪による浸水などにも厳重に警戒を。