大型で非常に強い台風24号は、29日午前10時には那覇市の南西約100キロにあって、時速15キロの速さで北へ進んでいる。台風は今後那覇市の南西の海上を北へ進み、午後には非常に強い勢力のまま沖縄本島地方に最も接近する見込み。台風の動きが遅いため、影響が長い時間続くおそれがあり、沖縄気象台は、暴風や高波、大雨、高潮による浸水や冠水に厳重に警戒するよう呼び掛けている。

大きな街路樹が倒れ、道路をふさいでいた=29日午前11時35分、南城市大里

台風24号(29日11時現在、ひまわり8号リアルタイムwebから)

台風24号の24時間進路予想図(気象庁HPから)

倒木を避けて通行する車。電線が切れ、暴風にあおられていた=29日午前11時30分、南城市大里

大きな街路樹が倒れ、道路をふさいでいた=29日午前11時35分、南城市大里 台風24号(29日11時現在、ひまわり8号リアルタイムwebから) 台風24号の24時間進路予想図(気象庁HPから) 倒木を避けて通行する車。電線が切れ、暴風にあおられていた=29日午前11時30分、南城市大里

 南城市玉城糸数で午前9時55分に56.2メートル、座間味村で同8時57分に51.4メートルと、いずれの地点でも観測史上最大となる最大瞬間風速を観測した。沖縄本島地方では、台風の接近に伴い最大風速45メートルの猛烈な風が吹く見込み。

 中心気圧950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心の東側280キロ以内と西側220キロ以内では風速25メートル以上の暴風、中心の北東側650キロ以内と南西側560キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。