大型で非常に強い台風24号は29日、沖縄地方を暴風域に巻き込みながらゆっくりと北上した。南城市糸数で観測史上最大の瞬間最大風速56・2メートルを観測するなど、各地で記録的な暴風が吹いた。道路の冠水や倒木など被害が相次ぎ、県によると同日午後10時現在、計23人が重軽傷を負った。沖縄電力によると、23万800世帯が停電している。

強風で倒れた南風原中学校のバックネット=29日午後、南風原町兼城(下地広也撮影)

台風24号の進路予想図

台風24号の予想時間

強風で倒れた南風原中学校のバックネット=29日午後、南風原町兼城(下地広也撮影)
台風24号の進路予想図 台風24号の予想時間

 沖縄気象台は、本島地方で30日明け方まで暴風に警戒するよう呼び掛けている。動きが遅く暴風域が広い台風24号は28日から29日にかけゆっくりと沖縄地方を通過。長時間にわたり猛烈な風と雨をもたらし、県内は大荒れとなった。

 座間味村慶良間で29日午前8時57分に瞬間最大風速51・4メートルと観測史上最大を記録。那覇市では午後6時15分に同53・1メートルを観測した。24時間降水量は、国頭村で午後9時40分までに270ミリを観測し9月の観測史上最高となったほか、うるま市宮城島、那覇市安次嶺、渡名喜村も9月の最大降水量を更新した。

 宜野座村漢那では午後2時ごろ、金武地区清掃センターの焼却炉の煙突が倒壊した。同地区消防本部によると、高さ約30メートルの煙突の上部約10メートルが折れ、敷地内に落下。けが人はいない。

 沖縄都市モノレールや本島の路線バスは終日運休。那覇空港ターミナルビルは終日閉館し、県内発着の空の便は全便欠航した。全国では410便以上が欠航し約3万9千人に影響が出た。沖縄旅客船協会によると、船便は全228便が欠航した。30日も多くが欠航の見込み。

 台風24号は29日午後9時現在、徳之島の西約60キロを時速約30キロで北北東へ進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心の東側280キロと西側220キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

おことわり

 台風24号の影響で、一部地域での配達遅れや配達できないことも予想されます。不便をおかけしますが、ご了承ください。沖縄タイムス社