沖縄県名護市の動植物公園「ネオパークオキナワ」で23日、今年7月11日に生まれたコモンリスザルの赤ちゃんの命名式があり、一般公募371通の中から5人が応募した「ティーダ」に決まった。

母ティーチの背中にしがみつくコモンリスザルの赤ちゃん「ティーダ」=23日、名護市・ネオパークオキナワ

 ティーダは、父よしおと母ティーチとの間に生まれ、性別はまだ分かっていない。

 命名式に参加した名付け親の一人の座安賢信君(9)は「名前を付けるときに太陽が出ていて、暑い日だったから沖縄らしい名前がいいと思った」。宮城光一郎ちゃん(5)は「家族で相談して決めた。大きく育ってね」。前川春奈さん(33)は「元気に育って、園のアイドルになってほしい」と話した。

 その他に応募のあったのは玉村花綺さんと松川太陽さん。

 命名者には、サルのぬいぐるみやハンドタオルなどの記念品が贈られた。