政府や自民、公明、維新、希望の推薦を得て物量作戦で圧倒したにもかかわらず、地元の緩みが生じ佐喜真淳氏が敗れた。超短期戦で佐喜真氏の知名度が全県的には浸透しなかった。