前衆院議員で、国が進める辺野古新基地建設に反対する立場の玉城デニー氏が、30日の沖縄県知事選で初当選したことを受け、県内経済界からは沖縄振興の予算や制度の獲得に向けた国との対話を求める声が上がった。