沖縄タイムス+プラス ニュース

玉城デニー氏初当選:安倍首相「真摯に受け止める」 菅氏「日程が合えば会いたい」

2018年10月1日 12:18

 【東京】安倍晋三首相は1日、知事選で名護市辺野古の新基地建設に反対する玉城デニー氏が初当選したことにを受け、「選挙結果を真摯(しんし)に受け止める。沖縄の振興、基地負担の軽減に努める」と語った。首相官邸で記者団に答えた。

安倍首相

 菅義偉官房長官は記者会見で、玉城氏が辺野古を巡り、国と協議したいとの意向を示したことに関し「日程が合えばお会いしたい。時期はこだわらない」と述べた。

 小野寺五典防衛相は玉城氏の当選を受け、「問題の原点は普天間飛行場の危険性の除去と返還だ。固定化は絶対避けなければならない。早期に辺野古への移設と普天間飛行場の返還を実現したいという考えに変わりはない」と述べ、改めて辺野古を進める考えを示した。

 辺野古の工事を巡る県の埋め立て承認を撤回に対する法的措置に関しては、「沖縄防衛局で処分理由の精査を行っているところだ。具体的な時期については総合的に判断する必要がある」と述べるにとどめた。

 防衛省で記者団に答えた。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS