沖縄タイムス+プラス ニュース

シュワブのゲート前、玉城氏当選を喜ぶ 「団結のパワー、政府は恐れている」

2018年10月1日 12:50

 沖縄県知事選から一夜明けた1日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前には新基地建設に反対する市民約90人が集まった。玉城デニー氏の当選を万歳で祝い、喜び合った。

 ヘリ基地反対協の安次富浩共同代表は「新知事を誕生させた団結のパワーを日本政府は恐れている。全国とつながって立ち向かっていこう」と呼び掛けた。

 沖縄防衛局が設置した高さ約4メートルの柵は台風で壊れて空間ができた状態。座り込む市民のすぐ後ろに民間警備員約20人が並び、警戒した。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気