ひと月前の4月28日の夜。私はうるま市の自宅に帰る車中で、お気に入りの音楽を聴いていた。そのころ、自宅から車で5分の所に住む女性は、ウオーキング中に元米海兵隊の男に襲われ、恐怖と苦痛の中にあった。日米安保の下、米軍基地と隣り合うことを強いられた沖縄に住む、私たちの現実だ。