【南部】南部広域行政組合(理事長・宜保晴毅豊見城市長)が、南城市玉城奥武で建設を進めていた一般廃棄物最終処分場「美らグリーン南城」のオープニングセレモニーが2日開かれ、関係者約100人が出席し、施設の一部供用開始を祝った。屋根のある被覆型最終処分場は本島内初。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。