【東京】岩屋毅防衛相は2日夜の就任会見で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を堅持する方針を示した。「抑止力を維持した上で、沖縄の過重な負担をできるだけ取り除いていくという方針に基づき、その事業を着実に進めていきたい」と述べた。