沖縄県本部町の海洋博公園の入園者が3日、1976年8月の開園から42年で1億人を達成した。運営する国営沖縄記念公園事務所の鈴木武彦所長が熊本県から家族4人で来園した佐野拓磨ちゃん(5)にジンベエザメのぬいぐるみや美ら海水族館の年間パスポートなどを贈呈した。

入園者1億人目となった佐野拓磨ちゃん(前列右)と妹の志織ちゃん(同左)、父親の直樹さん(後列右)と母親の美幸さん(同左)=3日、本部町・海洋博公園

 「1億人目の入場です」のアナウンスとともに職員に扮(ふん)したダンサーがサプライズで踊り出して佐野さん一家を歓迎。集まった関係者から大きな拍手が送られた。

 報道陣のカメラを前にした拓磨ちゃんは「ドキドキした。水族館でいっぱい魚を見たい」と緊張した表情を浮かべた。父親の直樹さん(34)は「家族で沖縄に来るのは初めて。海洋文化館のプラネタリウムも子どもたちに見せて、旅のいい思い出にしたい」とほほ笑んだ。

 鈴木所長は「これからも魅力あるイベントを開催していきたい」と話した。