ソラシドエア(宮崎県、高橋宏輔社長)は3日、九州・沖縄の自治体の地域振興事業「空恋~空で街と恋をする~」の一環として、宜野座村をPRする特別機「リオ パーク ギノザ」号の運航を始めた。期間は1年間で、県内の市町村とコラボレーションするのは初めて。「笑顔あふれる宜野座」という意味が込められており、機体には村名や、ゆるキャラの「ぎ~のくん」と「リオちゃん」などが描かれている。

「リオ パーク ギノザ」号のイメージ図(同社提供)

那覇空港で開かれた「リオ パーク ギノザ」号の就航式でテープカットをする當眞村長(右から4人目)や高橋社長(同5人目)ら=3日、那覇市(ソラシドエア提供)

「リオ パーク ギノザ」号のイメージ図(同社提供) 那覇空港で開かれた「リオ パーク ギノザ」号の就航式でテープカットをする當眞村長(右から4人目)や高橋社長(同5人目)ら=3日、那覇市(ソラシドエア提供)

 機内には、宜野座村の情報紙を設置。客室乗務員がオリジナルエプロンを着用して機内サービスをするなど同村の魅力をPRする。

 那覇空港で開かれた就航セレモニーには高橋社長や當眞淳村長らが参加。搭乗客に運航記念シールや搭乗証明書などの記念品を配布した。

 高橋社長は「リニューアルした『道の駅ぎのざ』や、豊かな自然など、ありのままの宜野座村の魅力を発信していきたい」と述べた。