ソラシドエア(宮崎県、高橋宏輔社長)は3日、九州・沖縄の自治体の地域振興事業「空恋~空で街と恋をする~」の一環として、宜野座村をPRする特別機「リオ パーク ギノザ」号の運航を始めた。期間は1年間で、県内の市町村とコラボレーションするのは初めて。