名護市でしか飲めない限定ビール「75-Beer」が6日、市内の飲食店やスーパーで発売される。6と7の両日は正午から午後8時まで名護市城の市営市場で記念イベントがあり、同ビールを味わえる。開発を手掛けた地元商店店主とオリオンビールの社員らが3日、市庁舎に渡具知武豊市長を訪れ、完成と発売を報告した。

名護湾の風景をイメージした「75-Beer」のパッケージ

完成した「75-Beer」を渡具知市長(右から3人目)にアピールする上地会長(同2人目)ら=3日、名護市役所

名護湾の風景をイメージした「75-Beer」のパッケージ 完成した「75-Beer」を渡具知市長(右から3人目)にアピールする上地会長(同2人目)ら=3日、名護市役所

 小瓶750ケースと10リットルのたる750本の限定製造で、市民約400人の意見を参考にした。名護の夕焼けをイメージした赤みがかった色で、同社初のドイツ産酵母とオーストラリア産ホップを使い、シークヮーサーのようなかんきつ系のフルーティーな味わいが楽しめるという。小売店での参考価格は小瓶(334ミリリットル)で税別250円。

 同社製造本部の儀間敦夫製造部長は「今まで使ったことのない新しい原料に挑戦した」とPR。名護十字路商店連合会の上地安郎会長は「名護のみんなで作った『市民のビール』といえる」と話した。渡具知市長は「県外や国外から訪れる人に注目してほしい。市としてもアピールしたい」と述べた。