【原裕昭ハワイ通信員】米国ハワイ州のデービッド・イゲ知事が9月27日を、ハワイの沖縄県系移民が送った豚が沖縄に到着したことを記念した“PIGS FROM THE SEA DAY”(海から豚が来た日)に制定した。1948年に550頭の豚が現在のうるま市平敷屋のホワイトビーチに到着して70年の節目となったことから記念日を設けた。

9月28日にハワイ州庁舎で行われた制定式

ハワイから送られた豚(米須清行氏提供)

9月28日にハワイ州庁舎で行われた制定式 ハワイから送られた豚(米須清行氏提供)

 ハワイの県系移民たちは経済的に厳しい状況の中、故郷を救おうと約5万ドルの寄付金を集め、アメリカ本土で豚を買い集めて輸送船オーウェン号で約1か月かけ沖縄に運んだ。豚は県内各地に分けられ、4年後には約10万頭にまで増えて戦後畜産業の復興に貢献した。

 28日にハワイ州庁舎で行われた制定式には、豚の世話をするためオーウェン号に乗り込んだ故宮里昌平さんの娘リリアン・ホリオさんや、ハワイ沖縄連合会のコートニー・タカラ会長らが出席した。式典では、記念日が沖縄とハワイの絆を再確認する象徴的な日であることなどが宣言された。

 タカラ会長は「沖縄の人々はハワイからの豚の贈り物にとても感謝している。その恩返しとしてハワイ沖縄プラザなどに多額の寄付も頂いた」と県系人と沖縄の人々の絆の大切さを改めて訴えた。

 リリアンさんは「記念日制定は、私たち家族にとって最大の誇りです」と話した。