台風による停電で困っている住民に、温かいお風呂に入ってもらおうと、那覇市のロワジールホテル那覇(藤井幸総支配人)がホテル内の温泉を無料開放し、評判になっている。同ホテルの石川清二さんは「停電から復旧して皆さまの生活が元に戻るまで開放する。お気軽にお越し下さい」と呼び掛けている。

「停電で困っている方にもっと利用していただきたい」と語る石川清二さん=5日、那覇市・ロワジールホテル那覇

(資料写真)ロワジールホテル那覇

「停電で困っている方にもっと利用していただきたい」と語る石川清二さん=5日、那覇市・ロワジールホテル那覇 (資料写真)ロワジールホテル那覇

 台風24号通過後の2日、地域に貢献しようと、本館2階にある利用料1500円の三重城温泉「島人の湯」の無料開放を発案。フェイスブックで案内すると、閲覧数が通常の10倍近い1万3千件に上った。25号の襲来で無料開放を延長し、5日午後4時現在25人が利用した。

 ツイッターでは「ホテルに感謝」「超粋です!」と喜ぶ利用者の声も。糸満市の大城紀里子さん(26)は伯父と一緒に訪れ、「9月29日から停電し、1週間近く水風呂で寒い思いをしていた。久しぶりに温かいお風呂に入れて本当にありがたい」と話した。

 石川さんは「タオルもあるので、着替えだけ持ってお越し下さい」と案内した。営業時間は午前6時から同0時まで。