架空猫都市「ニャハ市」の初代市長を決める「ニャハ市長選」が7日、那覇市内で開票され、最多の300票を獲得した「クロチャン」(オス、推定5歳)が当選した。

市長に当選したクロチャン(島猫力向上委員会提供)

副市長に選ばれたぶん太郎(島猫力向上委員会提供)

開票作業を進める島猫力向上委員会のメンバー=7日、那覇市松尾

開票結果を掲げる島猫力向上委員会のメンバー=7日、那覇市松尾

市長に当選したクロチャン(島猫力向上委員会提供) 副市長に選ばれたぶん太郎(島猫力向上委員会提供) 開票作業を進める島猫力向上委員会のメンバー=7日、那覇市松尾 開票結果を掲げる島猫力向上委員会のメンバー=7日、那覇市松尾

 クロチャンは那覇市首里のピアノ講師、砂川楠汀(なな)子さん(44)宅で暮らす猫。他の猫の毛繕いをしたり砂川さんに来客を知らせたりする「面倒見のよさ」をアピールし、SNSを活用して知人への呼びかけを徹底するなど、地道な活動で見事市長の座を勝ち取った。

 砂川さんは「クロチャンのように幸せに暮らす猫を増やすことが願い。殺処分ゼロや、野良猫の避妊去勢手術の推進に役立てられるような活動をしていきたい」と愛猫の当選を喜び、抱負を語った。

 副市長に選ばれたのは、那覇市内のデザイン事務所クリエイツで買われている「ぶん太郎」(オス、推定8歳)。214票を獲得した。同事務所のスタッフは「市長の座を逃したのは残念だけど、市長と協力しニャハ市を盛り上げていく」と話した。

 選挙を主催した島猫力向上委員会は「選挙をきっかけに、多くの人が保護猫と暮らすことに興味を持ってもらえればうれしい。人と猫が共生する社会を目指していく」と投票に感謝した。今後3位以下の猫たちにも役職を割り振り、市長・副市長と共に同委員会の広報活動を担ってもらうという。

 本選挙では、保護猫7匹が争い、9月24日から今月6日までの期間に1650票の投票用紙を那覇市内8カ所で配布。口コミやSNSで話題が広がり、投票総数は1386票、投票率は84%に上った。

 ある立候補猫の推薦人によると、県外からの投票者も確認されたといい「関心の高さは那覇市長選にも劣らない」と驚いていた。