沖縄タイムス+プラス ニュース

あす9日、翁長前知事の沖縄県民葬 2400席を用意

2018年10月8日 09:30

 故翁長雄志前知事の沖縄県民葬が9日午後2時から同4時まで(同1時開場)、那覇市奥武山の県立武道館で開かれる。玉城デニー知事が実行委員長を務め、式辞を述べる。実行委によると、菅義偉官房長官が出席し、安倍晋三首相の追悼の辞を代読する。宮腰光寛沖縄担当相、大島理森衆院議長、伊達忠一参院議長も参列する。

県民葬の案内

故翁長知事

県民葬の案内 故翁長知事

 翁長氏は8月8日、膵臓(すいぞう)がんのため、1期目の途中で亡くなった。現職知事の死去は初めて。県民葬は屋良朝苗氏、西銘順治氏、大田昌秀氏に次ぎ4回目。

 約2400席を用意。入場できない場合、外部に設けた待機場で待機し、献花の際に入場できるという。

翁長氏の「言葉」展を開催 沖縄タイムス

 沖縄タイムス社は、故翁長雄志前知事の県民葬に合わせて9~14日、那覇市久茂地のタイムスギャラリーで、「沖縄県知事翁長雄志の『言葉』展」を開催する。入場無料。新聞記事や写真、翁長氏の言葉の源泉ともいえる父助静氏の琉歌を刻んだ木板なども展示する。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807
連載・コラム