鳥取県で7日に開催された「第5回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」(主催・同実行委員会)で、九州・沖縄ブロック代表の県立真和志高校が初優勝を果たした。戦後沖縄を復興した祖父母世代への感謝や、戦争体験と平和への思いを継承する決意を手話で表現した。