2016年産マンゴーが全県的に不作となっている。県内生産量の4割を占めるJAおきなわの集荷は前年比31・2%減の452トンとなる見通し。昨年の暖冬や年明けの寒波などで、開花数が減少したのが要因。JAは「数量は厳しいが、糖度は高く、品質は良い。