那覇空港事務所によると、10日午後5時30分ごろ、管制システムに不具合が発生し、離着陸便に影響が出ている。不具合の影響で、那覇空港上空の飛行機が着陸できず、離陸する便が地上待機となっている。

(資料写真)那覇空港

 午後7時現在、地上待機となっていた出発便は5分間隔で1便を離陸させている。全日空(ANA)や日本航空(JAL)は出発便、到着便で最大約2時間の遅れが出ている。影響が出ている便数などについては確認中という。