沖縄県東村高江の民間牧草地で米軍の大型輸送ヘリが炎上事故を起こしてから11日で1年。事故後、沖縄県警の捜査は日米地位協定や、民間地での米軍機事故に関する「ガイドライン」の壁に阻まれた。 初動捜査は機体近くからの目視や写真撮影などの記録作業にとどまり、肝心の現場検証は機体撤去の後。