【沖縄】沖縄市登川の市農民研修センターで開催中の「2018沖縄市秋の大植木市」(主催・沖縄市花卉園芸生産組合、沖縄タイムス社)は11日、お気に入りの花木や観葉植物などを求めて多くの家族連れや園芸愛好家らが訪れた。14日まで。

「2018沖縄市秋の大植木市」でお気に入りの花木を探す親子連れ=11日、沖縄市登川

 植木市では多彩な多肉植物や果樹の苗、観葉植物、季節の花などを特別価格で購入できる。出展者の小谷徳江さん(67)は「今回は多彩なクロトンをそろえている出展者が多い。台風の影響で心配もしたが冬の草花も買うことができるので多くの人たちが訪れてほしい」と呼び掛けた。

 息子と訪れたうるま市の宮里亮子さん(42)は「安い価格で購入できるのでいつも楽しみにしている。室内に飾る観葉植物を購入したい。出店者とも直接価格交渉ができるのも魅力ですね」と話した。植木市は午前9時~午後6時。13日午後2時からチャリティーオークションもある。