2015年10月、豊見城市の小学4年の男児が自殺し、市教育委員会の第三者委員会が「いじめが主要因の一つ」とする調査報告をまとめた件で、男児の両親が市などを相手に約7800万円の損害賠償を求めて提訴することが分かった。12日に那覇地裁へ訴状を提出した後、父親らが記者会見する。