あの人気ラーメン店が沖縄に上陸!

 全国でとんこつラーメン専門店を展開する「一蘭」(本社・福岡市博多区)の沖縄1号店となる那覇国際通り店が、10月18日午前10時にオープンする。沖縄タイムス+プラス編集部は暴風域を伴う台風25号が接近した同月4日、関係者向けの内覧会に潜入。一蘭ラーメンの味の秘密や出店戦略に迫った。

写真を拡大 一蘭那覇国際通り店(一蘭提供)

 那覇国際通り店は那覇市牧志1丁目、琉球セントラルビルの地下1階。ホテルJALシティの並び、琉球銀行松尾支店やヘリオスパブが入ったビルといったほうが分かりやすいだろうか。階段を下りて店内に入ると、昭和と琉球がコラボしたようなレトロな空間が来店者を出迎える。

写真を拡大 食券の券売機

 一蘭が創業した1960年(昭和35年)から少し経った64年ごろの日本をモチーフにしつつ、赤瓦や花ブロック、ミンサー柄ののれんなど、沖縄の要素を取り入れた内装となっていて、なんだかうれしくなってしまう。

写真を拡大 券売機の上に赤瓦
写真を拡大 ミンサーの柄ののれん
写真を拡大 扇風機と、テープで補修したガラスが懐かしさを引き立てる
写真を拡大 レトロ感のある時刻表。薬院駅は福岡市内にある西鉄天神大牟田線の駅。ここにも福岡のこだわりが…

 体の不自由な人にも優しいバリアフリー設計も大きな特長だ。

 エレベーターだけでなく、一蘭では初となるオストメイト対応トイレを採用している。