【ヌサドゥア共同】日銀の黒田東彦総裁は12日、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の閉幕後に開いた記者会見で、世界同時株安に関し「日米欧とも経済の良好なファンダメンタルズ(基礎的諸条件)に大きな変化は見られていない」と述べ、問題は長期化はしないとの見方を示唆した。

 G20財務相・中央銀行総裁会議の閉幕後、記者会見する麻生財務相(左)と日銀の黒田総裁=12日、インドネシア・バリ島のヌサドゥア(共同)

 黒田氏は、今回の株安は米長期金利の上昇を受けた株価水準の調整から始まったと説明。企業収益の見通しは「内外ともにしっかりしている」と強調した上で、金融市場の動向や日本の経済物価に与える影響を「注意深く見ていきたい」と述べた。(共同通信)