「沖縄の別な顔も見せてあげましょうか」-。偶然乗り合わせたタクシー運転手の言葉に誘われ降り立ったのが始まりだった、という。都市の中の一角に隔離された、「特飲街」とも「風俗街」とも言われ、地下から放たれる妖しい発光体が浮かび上がってくる街に吸い寄せられる。