沖縄タイムス+プラス ニュース

パ・本塁打王に山川穂高 47本 沖縄県勢で初

2018年10月13日 17:11

 プロ野球パ・リーグの全日程終了が13日終了し、47本塁打を放った西武の山川穂高(中部商高―富士大出)が県勢初の本塁打王を獲得した。

山川穂高選手

 山川はプロ5年目で、昨季は78試合で23本塁打。今季は開幕から4番に座り、通称「山賊打線」を主砲としてけん引してリーグ制覇に貢献した。

 県勢はこれまで、石嶺和彦が1990年にオリックスで記録した37本が年間最多本塁打だった。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気