沖縄タイムス+プラス ニュース

豊見城市長選挙:午後7時の投票率は33.18%

2018年10月14日 19:32

 任期満了に伴う沖縄県の豊見城市長選は、投票日の14日午後7時現在、15,971人(男性7,740人、女性8,231人)が投票した。当日投票率は33.18%で、前回市長選の同時刻より0.2ポイント下回っている。同市選挙管理委員会が公式サイトで速報として発表した。

豊見城市長選に立候補している3氏

 当日有権者数は4万8141人(男性2万3377人、女性2万4764人)。期日前で全体の約17%に当たる8391人が投票した。

 開票は午後9時から行われ、早ければ午後10時すぎに大勢が判明する見通し。

 選挙には無所属新人で前市議の山川仁氏(44)=社民、共産、社大、立憲民主、自由、国民民主推薦、無所属新人で前市議の宜保安孝氏(41)=自民、維新、希望推薦、無所属で3選を目指す現職の宜保晴毅氏(50)が立候補。子育て支援や行財政改革などの手法が争点となる。また、玉城デニー氏が初当選した県知事選後初の首長選挙として注目される。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気