沖縄県内は15日、停滞した前線の影響で大気が不安定となったため、各地で大雨となり、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る所もあった。那覇市安次嶺では午前5時44分までの1時間に59・5ミリの雨が降り、2003年の統計開始以来、10月としては観測史上最大の雨量となった。