沖縄タイムス+プラス ニュース

「対立乗り越える包容力、沖縄県民の最大の力」 玉城デニー知事が初の所信表明

2018年10月16日 10:51

 沖縄県の玉城デニー知事は16日開会した県議会(新里米吉議長)10月定例会に、就任後初めて出席し、所信を表明した。「政治的な立場を超えて歩み寄ることのできるウチナーンチュの包容力は、対立や分断を乗り越える賢さであり、私たちの持つ最大の力」と強調。県民同士で負担を付け替え、新たな犠牲を強いることが県民の望む解決の道ではないと訴え、「辺野古の新基地建設反対」「普天間飛行場の1日も早い閉鎖、返還」を強く求める考えを示した。

所信表明演説をする玉城デニー知事=16日午前10時12分、県議会

 また知事選で掲げた公約の達成のために「新時代沖縄の到来」「誇りある豊かさ」「沖縄らしい優しい社会の構築」の三つの視点を踏まえ諸施策を展開すると説明した。

 その中でも柱となる政策として、世界各国との経済、文化、教育、人材交流などを促進する「万国津梁会議」の新設、畜産品、水産品などの県産ブランドの海外輸出体制を強化するための「高度衛生加工処理施設」の整備、持続可能な世界水準の観光都市沖縄を目指すための「観光・環境協力税」の導入、「琉球歴史文化の日」の制定などを具体的に挙げた。

 米軍基地問題では、日米地位協定の見直し、跡地利用の促進に引き続き取り組むことを決意。中学生、高校生のバス通学の無料化、放課後児童クラブの設置促進と利用料の低減、子育て世代包括支援センターの全市町村への設置など、子育てや教育の支援にも力を入れる考えを示した。

 故翁長雄志前知事について、「県民の心を一つにする」と深く望み、県民が持つ「力」を誰よりも信じ、「揺らぐことのない自らの決意がいつも県民とともにあることを命を懸けて私たちに伝え続けられた」とたたえた。

 さらに「沖縄戦、米軍占領下を生きたウチナーンチュが涙とともに失ったもの、汗とともに得たものは社会を支え、希望の世紀を拓(ひら)くたくましい営みにつながっている」とした。

 「『県民の生活が第一』『イデオロギーよりアイデンティティー』『肝心こそ大切~チムグクルドゥテーシチ』、このような言葉の持つ意義、意味を尊重し、全ての県民が笑顔と喜びを広げ、夢や希望が持てるよう、かけがえのない沖縄の未来を創り上げていく」と締めくくった。

 >> デニー知事の所信表明【全文】

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間