国税庁は17日、北海道の地震で被害が出た厚真、安平、むかわ3町の納税者について、国税の申告・納付期限を延長すると発表した。期間は被災状況に配慮して検討する。

 北海道厚真町吉野地区の土砂崩れ現場=10月4日

 また、西日本豪雨により岡山、広島、愛媛、山口4県の一部で延長した申告・納付期限を、岡山県倉敷市真備町を除き11月27日とした。

 国税庁によると、北海道の地震で指定された3町以外の住民でも、被災者であれば、居住地の税務署に申請して延長措置が受けられる。(共同通信)