共同通信 ニュース

政府、辺野古で沖縄県へ対抗措置 埋め立て承認撤回に

2018年10月17日 14:00

 政府は17日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、辺野古沿岸部の埋め立て承認を撤回した県への対抗措置として、行政不服審査法に基づいて国土交通相に審査を請求し、撤回の効力停止を申し立てた。岩屋毅防衛相がこの後、記者団に見解を表明する。沖縄県側の反発は不可避だ。

 米軍普天間飛行場移設先の辺野古沿岸部=1日、沖縄県名護市

 宮腰光寛沖縄北方担当相は「行政手続きとしては当然だ。そういう中でも話し合いはしっかり続けていく必要がある」と述べた。北海道根室市で記者団の取材に答えた。

 岩屋氏は会見に先立ち、防衛省で「いま法的措置を取る準備の最終段階。最終調整をして、決まればきちんと説明したい」と表明した。(共同通信)

あわせて読みたい

関連リンク

共同通信 ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS