リニア中央新幹線の南アルプストンネル工事に伴う大井川の流量減少問題を巡り、JR東海は工事で湧き出す地下水の全量を川へ戻す方針を静岡県に伝えていたことが18日、県などへの取材で分かった。流量減少への対策を求めていた県側に同社が歩み寄った形。山梨、静岡、長野を貫く同トンネルは静岡工区だけが未着工で、同社は工事の準備を進めるとみられる。

 川勝平太知事は静岡県磐田市で記者団に「ようやく全量を戻さないと工事はできないと分かった。社会的責任を持つ企業として当然の表明だ」と述べた。

 同社は掘削工事で地下水が漏れ出し、川の流量が毎秒2トン減ると試算していた。(共同通信)