シェアハウス投資を巡る不正融資が指摘されていたスルガ銀行に対し、金融庁は5日に一部業務停止命令を出した。あっせん業者の不正を知りながら、あるいは加担して高額のローンを顧客に負わせてきた責任は重い。地銀トップクラスの収益率で注目されてきた同行の不祥事は、地銀全体の信頼を傷つけかねない。