沖縄タイムス+プラス プレミアム

<辺野古対抗措置>「恣意的に法解釈」…慎重論も根強かった行審法での手続き なぜ再び踏み切ったのか

2018年10月18日 17:58

 【解説】名護市辺野古の新基地建設を巡る県の埋め立て承認撤回に対する国の法的措置は、慎重論も根強く今回は回避するとみられていた行政不服審査法(行審法)に基づく国交相への審査請求だった。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS