沖縄タイムス+プラス ニュース

嘉手納基地でヘリ2機が衝突 「クラスA」事故 日本側に通報せず

2018年10月19日 06:23

 米海軍のヘリ2機が米軍嘉手納基地内で移動中に衝突事故を起こし、損害額が最も大きい「クラスA」に分類されていたことが18日分かった。米海軍安全センターによると、事故を起こしたのは、米海軍のHH60ヘリ2機で9日に発生したが、米軍から18日までに沖縄防衛局や県、周辺自治体など日本側に事故発生の通報はなかった。

(資料写真)嘉手納基地

 同センターによると、衝突事故は2機が滑走路周辺の駐機場に入ろうとした際に発生。けが人はいなかった。事故は4段階で最も重大で、死者または200万ドル(約2億2500万円)以上の損害が出たクラスAに分類した。

 海軍当局によると原因は調査中で、事故の詳細などは明かしていない。HH60ヘリは事故後も、嘉手納基地で訓練をする様子が確認されている。HH60とは別の機種だという情報もある。

 米軍事紙ミリタリー・ドット・コムは17日、事故機は米海軍第5海上戦闘飛行隊所属で、HH60のクラスAの事故は、約2カ月で3件目と報じた。7月はカリフォルニアの海軍飛行場で燃料タンクが落下、下敷きになった整備兵が死亡する事故が発生。だが、米海軍の発表は事故発生から約1週間後で米メディアは対応を批判していた。さらに翌月にはアイダホ州の空軍基地でハードランデイング(地面にたたきつけられるような着陸)を起こした。2件とも事故原因は現在も調査継続中だ。

 嘉手納基地では2016年12月、海軍のP8A対潜哨戒機がクラスAの事故を起こしたが日本側への通報は発生翌日で、県や地元自治体から「隠蔽だ」などと怒りの声が上がっていた。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS