ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった京都大の本庶佑特別教授(76)は19日、神戸市で開かれたシンポジウムで講演し、自身の研究をもとに発展したがん免疫療法について「いかにして健康長寿に活用できるかが今後の課題だ」と述べた。

 神戸市で開かれたシンポジウムで講演する京都大の本庶佑特別教授=19日午後

 本庶さんの研究チームは、免疫細胞の表面にあり、免疫のブレーキ役となるタンパク質「PD1」を発見。がんの免疫治療薬「オプジーボ」の実用化につながった。

 本庶さんは講演で、がん免疫療法で治る患者と治らない患者の見極めを事前に可能にしたり、有効性を向上させたりするなど改善すべき点を指摘。「21世紀はがんが撲滅できる世紀に」と展望を語った。(共同通信)