仙台市太白区の団体役員本間吉雄さん(72)方で6人が死亡した住宅火災で、宮城県警は19日、司法解剖の結果、遺体はいずれもこの家の住人で、死因は焼死だったことを明らかにした。

 火災があった民家=18日午後4時20分、仙台市太白区

 1階西側の居間と台所が激しく燃えていたことも明らかにした。屋内で出火したとみられ、外から火を付けられた可能性はないとしている。居間には石油ファンヒーターが置かれていた。

 死亡したのは本間さんのほか、妻みつさん(71)、長女青木玲子さん(42)、次女本間敦子さん(39)、青木さんの長男の小学生孝憲君(9)、次男の保育園児孝龍ちゃん(6)。(共同通信)