沖縄署は18日、昨年12月に沖縄市内で30代女性に暴行を加えて財布などを奪ったとして、別の強盗容疑で逮捕した千葉県の建築作業員の男(39)=フィリピン国籍=と、沖縄市の無職の男(28)を強盗の疑いで再逮捕した。2人は容疑を否認しているという。

沖縄署

 再逮捕容疑は昨年12月29日午前4時40分ごろ、沖縄市内のアパート通路で、帰宅途中だった女性の首を絞め、現金約1万5千円が入った財布を奪った疑い。

 両容疑者は沖縄市内で昨年11月、別の30代女性に暴行を加え、バッグなどを奪ったとして、今年9月27日に強盗容疑で逮捕された。