日銀の雨宮正佳副総裁は20日、名古屋市で開かれた日本金融学会でお金の将来について講演した。仮想通貨が、円やドルといった既存のお金以上に支払い手段として普及する可能性は低いとの見解を示した。一般の支払いに使えるようなデジタル通貨に関しては「日銀は現在のところ、発行する計画はない」と従来の主張を繰り返した。

 名古屋市で講演する日銀の雨宮正佳副総裁=20日午後

 雨宮氏は、既存のお金は発行元の中央銀行の独立性などを背景に信用が確保されていると説明。これに対し仮想通貨は、信用を得るための取引の検証に膨大な計算が必要となるなどコストがかかり、普及に向けて「ハードルは相当高いように思われる」と話した。(共同通信)