2018年度沖縄タイムス選抜芸能祭のグランプリ公演が20日、那覇市のタイムスホールで始まった。伝統芸能選考会の琉球古典音楽、舞踊部門のグランプリ受賞者18人が修練を積み上げてきた技芸を披露した。

グランプリ公演の幕開けを飾った古典音楽斉唱=20日、那覇市久茂地・タイムスホール

 幕開けの古典音楽斉唱で「天川節」「仲順節」を演奏した三線の佐渡弘康さん(42)=熊本県=は「一番上の賞をいただいた後の歌と演奏は、緊張の中に楽しさを感じることができた。これからもさらに経験を積んでいく気持ちが出てきた」と笑顔で話していた。

 最終日は21日午後5時からタイムスホールで、過年度のグランプリ受賞者らによる特別公演がある。入場料は2千円。

 問い合わせは沖縄タイムス社読者局文化事業本部、電話098(860)3588。