城間幹子氏は現職の高い知名度や1期4年の実績を生かしながら、教育者や女性の視点、市民目線という強みをアピールし、幅広い層からの支持を集め再選を果たした。1期目同様に辺野古への新基地建設反対を強く訴えて「オール沖縄」勢力をまとめ、新基地に反対する企業・保守層の票も取り込んだ。