重厚で俊敏な身のこなしが、向かい合った相手を圧倒する。上地流空手道・琉球古武道新都心守礼館館長で範士十段の真栄城守成(しゅせい)氏(84)=那覇市=は、華麗な動作だけでなく、その型や技が実際の攻防でどれだけ使えるかに重きを置いてきた。